長寿命住宅の開発

60年代に入り第.-次ベビーブームの子どもたちが青年に達しさらに家電製品が急速に普及しはじめると古い住宅の間取りや構成が時代に合わなくなってきました。建て替えが進されそれが結果として25~30年という短い寿命にあらわれているわけです。3世代が同居する昔ながらの生活から都市化にともなう核家族化による欧米風のライフスタイルが浸透したことの影響が大きいでしょう。また不動産評価が地価に偏重してきたことも住宅の品質改善を遅らせてきた大きな要因だったといえます。しかし近年バブル経の崩壊で地価が下落し建物の価値を再評価するようになってきました。住宅メーカーも50~60年あるいは100年住宅をテーマに長寿命住宅の開発に力を注いでいます。30年ローンで新築しても払い終わったろには家の寿命が尽き会社も定年というのではやりきれません。地球の資源は人類共通ものであり未来の子孫に残すべき貴重な遺産です。ひんぱんな建て替えによる環境への負荷は膨大な廃棄物による環境汚染のみならずこの貴重な資源を加速度に消費していることにほかなりません。限りある資源の浪費にストップをかけより効率的な資源の使用と計画的な管理をはかっていかなければなりません。コンクリートの基礎木材や金属類壁材アルミサッシの窓ガラス床材内の壁材電力や水道キッチン風呂照明器具など大量の工業製品が住宅建設には使われています。
イエウールで家売却!たった2週間で家が売れた体験談
これらの資材の一つひとつが環境に対して大きな負荷をあたえています。日本の全資源量の約半分が建築資材として利用されているとする報告もあります。データによると 機関FAO(国連食料艘業1990年から2000年までの10年間で世界の森林の 国際連合の蝋l”1機I卿の1つ。 1945年世約9,400万ha (日本の国土の約3倍弱)が失われま 界各’五|の生活水準I{リ上食料や農産物の生した。 産.供給の改態に符与するため設世された。この森林の減少はアフリカ中南米アジアの一部の国など途上国において顕著となっています。

日本の住宅

温暖化現象フロンガスによるオゾン層の破壊酸性雨化学物質による海洋汚染・土壌汚染・大気汚染など地球環境の破壊は深刻な状況になってきました。さらにダイオキシンや環境ホルモンの健康への影響が懸念されるに及んで人類は生存の危機にあると考える人々も増えてきました。このような環境問題を克服するには産業社会と私たちの生活のあり方を根本的に見直さないかぎり解決の道筋は得られないでしょう。住宅建設についても同じ視点に立って再検討されなければなりません。しかも使用期間中のエネルギー消費解体処理時の廃棄物の処理など住宅は環境に大きな負荷をかけています。海外からウサギ小屋と椰楡された日本の住宅には狭さのほかにも寿命が短いという問題点があります。1996年の『建設白書」によれば平均寿命はわずか26年となっています。アメリカは44年イギリスは75年ですから日本の住宅よりもそれぞれ1.7倍3倍も長くなっています。このデータのほかにも建物の更新周期(既存の住宅総数を年間の新築数で割った数値)でみると日本の住宅は37年で建て替えられています。ドイツの56年アメリカの78年フランスの103年イギリスの141年とくらべて極端に短いことがわか躍 ります。『建設白書』のデータとのちがい は欧米には戦前からの古い住宅が今も残っている ためです。 なぜこのようなことになってしまったのでしようか。首都圏などの都市部はともかく地方には戦前からの住宅がずいぶん残っています。25年~30年で寿命が尽きてしまう印象はありません。日本の住宅の寿命が極端に短いことの原因には戦後の復興期と高度成長という特殊があります。都市部を中心に敗戦後住宅の建設ラッシュが始まちする良質な住宅というわけにはいかなかったことが1つの理由です。この復興期の建ラッシュはやがて供給過剰になります。経済成長が始まるとこんどは家族橘成とライフスタイルが急激に変化していきます。

家の売却準備を始めてみる

せっかく購入した家、長く住み続けていきたいものです。
ところが、家を売りたいと考える人は意外に多いんですよ。

例えば、住んでみたら生活スタイルが合わない場合があります。
厳選したつもりでも、住んでみてわかることがあるのです。

家族の人数と間取りが不一致になるケースも多いようですね。
子供が増えて部屋が足りない、独立してスペースが余るなど、難しい問題となります。

また、勤務先の変更も大いに影響します。
乗り換えが多すぎる、自動車が使えない、利用駅が遠くなる、毎日のことだけに困りますね。

ローン返済や近所に馴染めないといった理由から売りたいという人もいます。
理由は様々ですが、売りたいと考える気持ちは同じなのです。

衝動的な理由でなければ、家の売却準備を始めてみるといいでしょう。
家の売却価格は、家の売却サイトなら無料でわかります。
家売却で安心して依頼できる不動産業者を探すのは無料です。
気持ちが揺らがずに話が進んでいくようならば、相場よりなにより、気持ちの上で売り時なのです。
大事にしてくれる、いい買い手が見つかるといいですね。

土地や家の価格を調べてみる

家を売却する際に、まず何をすればいいのでしょうか。
一生の内に何度もある機会ではありません。
ですから、どういった手続きをとればいいのか悩む人が多いのです。

近隣の土地や家の価格を調べてみるのもいいでしょう。
高値をつけてもらうための工夫もいいですね。
しかし何より、実際に売るためには一戸建て売却サイトを
参考にして査定が必要となります。

まずは、家を買うときに利用した不動産屋を頼る人が多いようですね。
既に信頼がおけるとわかっているのですから、気持ちはわかります。
ところが、一箇所だけで査定をやめてしまう人がいます。

足で動き回る大変さは誰もがおわかりでしょう。
特に住み替え予定であれば、次の住居探しにも手間がとられます。
早く売却手続きを進めたい気持ちがあるでしょうね。

でも、インターネットを使えば複数の不動産屋に一括査定を申し込めます。
複数の査定結果を比べて、より価値を認めてくれる所を選べるのです。
便利な時代になったのですから、利用してはいかがでしょうか。

一戸建ての査定内容の信頼性

一戸建ての査定を複数の会社に依頼すると、差額が非常に大きい場合があります。
物件によっては数百万の違いが出るケースだってあるんですよ。
もしかして、信頼できない業者が混ざってはいないのかという不安はありませんか。

特に簡易査定は、実際の物件を細かく見て結果を出しているわけではありません。
素人判断では、当然同じような価格になるはずだと考えてもいいですよね。

理由として、一戸建ての査定方法が業者によって違う可能性が考えられます。
最も利用される取引事例比較法だけが用いられているわけではありません。

一戸建て販売を続けていく中で、各業者や担当者のノウハウが蓄積されています。
誰もが最終的に販売できる値段を見据えようとしているのです。
ですから、査定額に違いがあるだけで信頼できないと判断するのは早急なんですよ。

簡易査定段階で額が低くても、物件を見ると値段が上がる場合があります。
逆に低くなっていく可能性も考えられます。
様子を見ながら、一戸建て売却サイトでお願いする業者を絞り込んでいきましょう。

一戸建てを査定する際

一戸建てを査定する際には、どういった点を見られているかご存じですか。
査定の前に一戸建て売却サイトで理解しておくと、心構えができそうですね。

まず、一戸建ての設備について詳しくチェックされます。
築年数や階層、部屋の向きと日当たり、バルコニーの有無や広さ、収納面積、セキュリティなど細かに見られていますよ。
駐車設備や駐輪設備は、よほどの駅近でない限り大事ですね。
一階の部屋ならではの専用庭は、ちゃんと手をかけていますか。

一戸建ての建物部分だけでなく管理についても、査定対象となります。
共用部分や外観を見るだけでも、管理状況が伺えます。
修繕積立金に管理費は、買い手にとって購入金額に上乗せされるため重要項目です。

地理的な環境については、まず交通の便があります。
用途地域、騒音問題は気にする買い手が多いので、大きな要素です。
スーパーやコンビニが近くにあり日常の買い物が便利な一戸建ては、買い手が目をつけますよ。
景観も無視できないポイントとなります。

家を売るサイトの机上査定

家の査定をお願いしようとすると、種類を問われます。
いったいどのような違いがあるのか知っておきましょう。

家を売るサイトの机上査定は、とりあえずだいたいの価格を知りたい人に便利です。
売却を検討しはじめて、まだ右も左もわからないときに助かる方法ですね。

不動産屋が持つ周辺データなどを元にして算出するため、返答が早いという特徴があります。
ただし、細かな家の特徴や設備などのポイントが考慮されないので、目安と考えるといいでしょう。
だいたいの価格がわかれば、本当に売却するか検討できますね。

訪問査定は、担当者が実際に現地を訪問して算出します。
ですから、より正確な査定価格が算出されます。
地域エリアにある売却の決意が固まっているのであれば、こちらを選ぶといいでしょう。

ただし、不動産屋によってはより正確に算出するため書類を整えてほしいと言われるかもしれません。
家のアピールポイントなどまとまらない内にお願いした結果、価格にがっかりする人もいます。
心と家の準備をした上で選ぶといいですよ。

不動産会社へ一括で査定

地域エリアにある土地売却をするためには、まず売る土地を査定してもらう事から始めましょう。
近くの不動産屋さんやお世話になっているところに頼むのも手ですが、よりお得に売るためには、より土地売却に詳しい人に査定してもらうほうがいいでしょう。
しかし、いくつも不動産屋さんを渡り歩いたり、土地家屋調査士や不動産鑑定士に査定してもらうのもちょっと大変ですよね。

そういうときに便利なのが「土地売却サイト」を始めとした専門サイトです。
こうしたサイトでは住所からおおまかな相場を調べたり、さまざまな地域エリアにある不動産会社へ一括で査定を依頼する事ができます。
パソコンやインターネットを使うとなると難しく感じるかもしれませんが、一度だけ売る物件の情報を入力すればいいので、非常にラクです。
昔のように一社ずつ電話や訪問で依頼するよりもずっといいですよね。
もちろん、「一度頼んだら、必ずその会社に土地売却しなくてはいけない!」なんてことはありません。
まずは一度診断を依頼し、さまざまな会社の回答を比較してみてはいかがでしょうか。