長寿命住宅の開発

60年代に入り第.-次ベビーブームの子どもたちが青年に達しさらに家電製品が急速に普及しはじめると古い住宅の間取りや構成が時代に合わなくなってきました。建て替えが進されそれが結果として25~30年という短い寿命にあらわれているわけです。3世代が同居する昔ながらの生活から都市化にともなう核家族化による欧米風のライフスタイルが浸透したことの影響が大きいでしょう。また不動産評価が地価に偏重してきたことも住宅の品質改善を遅らせてきた大きな要因だったといえます。しかし近年バブル経の崩壊で地価が下落し建物の価値を再評価するようになってきました。住宅メーカーも50~60年あるいは100年住宅をテーマに長寿命住宅の開発に力を注いでいます。30年ローンで新築しても払い終わったろには家の寿命が尽き会社も定年というのではやりきれません。地球の資源は人類共通ものであり未来の子孫に残すべき貴重な遺産です。ひんぱんな建て替えによる環境への負荷は膨大な廃棄物による環境汚染のみならずこの貴重な資源を加速度に消費していることにほかなりません。限りある資源の浪費にストップをかけより効率的な資源の使用と計画的な管理をはかっていかなければなりません。コンクリートの基礎木材や金属類壁材アルミサッシの窓ガラス床材内の壁材電力や水道キッチン風呂照明器具など大量の工業製品が住宅建設には使われています。
イエウールで家売却!たった2週間で家が売れた体験談
これらの資材の一つひとつが環境に対して大きな負荷をあたえています。日本の全資源量の約半分が建築資材として利用されているとする報告もあります。データによると 機関FAO(国連食料艘業1990年から2000年までの10年間で世界の森林の 国際連合の蝋l”1機I卿の1つ。 1945年世約9,400万ha (日本の国土の約3倍弱)が失われま 界各’五|の生活水準I{リ上食料や農産物の生した。 産.供給の改態に符与するため設世された。この森林の減少はアフリカ中南米アジアの一部の国など途上国において顕著となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>